地球っ子クラブ2000

活動記録(28) 


                     ●下の日にちをクリックすると、移動します           ホームページのトップへ


                                 2019年 7月13日     ほめてクレヨン!

                                 2019年 7月27日





















ページのトップへ       ホームページのトップへ
















ページのトップへ       ホームページのトップへ














2019年 7月13日  ほめてクレヨン!






七里では『ぼくのくれよん』を最初に読んでもらいました。

   

 

子どもたちはクレヨンを使って作品作り。

ママたちは子育てについての話。

 

クレヨンできれいな色を自由に塗った後、上から黒で塗りつぶします。

そこに爪楊枝で絵を描くと、黒の下に塗ったカラフルな色が出てきます。

子どもたちはその作品作り。

 

ママたちは『おやおやじゅくへようこそ』を使って、

子どもたちへの声かけ、しかり方、褒め方、そして夫婦の会話について話し合います。


 

頭ではわかっていても、しかり方、褒め方って難しいですよね。

今日は子どもたちが作品を作っているから、いいところをたくさん褒めてあげよう!

でも闇雲に褒めればいいわけでもないですよね。子どもたちと対話をしてね。

 

子どもたちの作品作りがおわったところで

子どもたちがママを呼びに行き、自分の作品を紹介します。

ママたちに褒められてうれしい子どもたちの表情が印象的でした。

      

 

最後に絵本『ええところ』。

これは関西弁の絵本です。関西弁ネイティブのKさんに読んでもらいましたよ。

  

 

褒められてうれしくない人は誰もいません。

子どもたちはママから褒められたうれしさも倍増!

みんな、それぞれのいいところを伝え合えるといいですね。

 

 

植竹では、新たな参加者FさんRさんご家族を迎え

まずはグループに分かれ、日本語の勉強の時間。

 

最後には全員で自己紹介をして、恒例の数字ゲームをしました。

Rさんはタイ出身なので、今日は日本語とタイ語で。

 

そのあとはひらがなカードを使って、単語づくりゲームです。

濁音、半濁音にできる透明のカードもあります。

一枚ずつカードをめくって、真ん中に並べてあるカードの中から言葉ができるか考えます。

 

でも、みんながその単語の意味を理解しなければいけません。

例えば「うら」という言葉を作ったとしても、

「うら」の意味を、みんなが「わかった!」とならなければだめなのです。

もちろん説明してOK



いろいろな例を挙げなら、ことばの数を増やすことにもつながりました。

      

 

 

 



ページのトップへ       ホームページのトップへ